プロフィール
はすのや
はすのや
宮崎市在住。
ショップ店員をしています。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 宮崎情報へ
記事に興味を持って頂けたら
ランキング投票お願いします。 BlogPeople「ニュース・一般/ローカル」ブログランキング
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
QRコード
QRCODE
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
オーナーへメッセージ
 › はすのやにっき7-seven- › 2008年10月

スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2008年10月27日

ガッカリ市長と心の拠るマツリ

2008年 宮崎神宮大祭 の「まるわかりガイド」なるものを、

友人が持ってきてくれました。




ひと通り眺めて、今さらに頭がクラクラするのを感じます。




ハッキリ申し上げて、「まるでわからんガイド」です。




少なくとも、僕にとっては。




祭りについての説明はその17ページに及ぶガイド中、




僅かに




5行




100文字程度




しかも何たる言葉足らずな文章。







ごあいさつのページにいたっては、祭主側の挨拶文が

市長や奉賛会の下。これってどうなん?




その市長がまたキレっぷりを見せています。




彼のよこした短い挨拶の冒頭がこんな感じ




「秋の商工観光まつり」が、今年も盛大に開催され

ますことを、心よりお喜び申し上げます。 







あ、秋の・・・「商工観光まつり」ぃ!?







いや僕はね、人の信仰というものを大切にする気持ちは、

宗教の別なく心の中のデリケートな部分だと思います。




金銭や経済活動を「神」として信じておられるかは知りません。







が、その「ごあいさつ」のページの上部にこう書いてあります。




古 よ り の 伝 承 文 化 を

  後 世 に 伝 え た い




もう何だか腰もくだけて、泣きそうになってきます・・・。




これがギャグだったら、ナンセンスをぶっちぎっちょる。







マンネリ化を指摘されてきた宮崎神宮大祭。

近年、県内各地から観に訪れる人も減ったといい、

沿道を埋め尽くしていた地元民も少なくなっています。




しかし偉大なるマンネリこそ、長いながい歴史に息づく伝統では

ないでしょうか。そもそも神事ってのはそんなものです。


時代によって感性こそ変わっても、郷土の祭りに対する愛着に

変わることは無い。改めてそう思いたいこの頃ではありますが、

もし関係各位が市長と同じような感覚を持たれておられるなら、

祭りが今後どのように工夫されようとも衰微していくのを止める

ことは出来ないでしょう。








僕は別に特定宗教に耽溺しているものではありません。

人智を超えたものは何となく、在る、ような気がしますが。




余談です。




ただ、「観音様」や「えべっさん」に「祇園さん」・・・。




祀られ、祈りを捧げられるものは、同時に大きな求心力を持ちます。

そして最も大きな祈りの時、それが「祭り」であり、カタルシスの解

放というエネルギーは、その「場」に人々を惹きつけてやみません。




それも、普段からの聖と俗の付き合いがあってこそ生まれるもの。



なぜ、ここにあり




なぜ、祀るのか




来歴不明・アイデンティティ喪失の「イベント」を行おうという限り、

心の寄る辺無き祭りは、更に遠い存在になっていくことでしょう。





と、なると課題は結構大きいんですよね。

宮崎の今後と自我の確立にも関わってきます。




出来ることから、やりましょう。

お金なんか、本当はかけなくたっていいんですから。







ミヤザキ シュライン グランド フェスティバル だってさ・・・
  


Posted by はすのや at 18:59Comments(0)つぶやき

2008年10月21日

宮崎神宮大祭

まつり、と名前のつくものは数知れず存在します。




人の祈りがある限り。







日本の3大祭りといえば、




・山崎春のパンまつり

・花王ヘアケアまつり

・東映マンガまつり




ですが、やはり祭祀にまつわるものが定番です。







宮崎市の秋祭りの中では「宮崎神宮大祭」。

「神武さま」と呼ばれるものが大規模です。




しかしながらこの秋の風物詩も、ここ10年のうちに規模が

小さくなってしまっています。







ニッポン全国きもの日和の打ち合わせで、油津に行った際に

40年近くも前の神武さまについて話を伺うことが出来ました。

-----------------------------------------------

「当時、近在の住民は『神武さま』に向かううちのトラックに

便乗するために、大勢が集まって来とったな。誰も彼もが

祭りを楽しみにしとった。」




「宮崎神宮の大祭ということで、皆一様に黒紋付袴に身を

包んで、正装をしておった。祭りとはそうしたものだったんだ。」




「女の人も、トラックの荷台にむしろを敷いて、当時は片道が

3時間あまり、未舗装の道路をじっと我慢して宮崎まで。」




「宮崎に着く頃には、砂埃で皆真っ白(笑)」




「各町の若いお嬢さん方が花嫁衣裳に身を包み、飾られた

シャンシャン馬に揺られる姿は、地域の誇り。一目見ようと

それぞれが町まちから宮崎へ詰め掛けとった。」

-----------------------------------------------




ちょっと今では想像できない状況ではあります。




ただ、正装して沿道に並び時代行列や神賑行列などを迎えた

という話は、身近な歴史として祖母などから耳にしています。




またほんの少し前の記憶では、市内の呉服店が協賛して

・七五三行列

・きものの女王パレード




これらも行われていましたが、ご神幸の花形である神賑行列の

規模縮小により、今は目にすることがありません。







その短くなった神賑行列。

当然予算も人員も相当かかっていたはずです。祭りとはいえ、

負担はそれなりのものであっただろうことは想像に難くありません。




その分、「神武さま広場」という駅前通りでの歩行者天国を、

夜のイベントとして切り分けたのですが、多分に商業主義や

町おこしの側面が強く「宮崎神宮大祭」の色は薄められています。




お金を使う祭りからお金を稼ぐイベントへと舵をきったのかな、と。




祭り・・・には、祀られる対象があってのことだと僕は思うのですが、

そういう観点では形骸化した祭り、神仏なき祭りがあまりにも多い。




子どもが巣立ってふるさとを離れた時、心の拠所となる「まつり」。




学生時代、秋田出身の後輩2人は例え何があろうと角館の

祭りには必ず帰省していました。




願わくば郷土の祭りとして、本来の尊崇敬愛の対象として、

「宮崎神宮大祭」が続いていくことを祈ります。







精神的な支柱をしっかりと持った祭りであれば、小さな駆け引き

無しに地元に多大な潤いをもたらしてくれるということは、各地域

の祭りを見ていても受け取られることではないでしょうか。




堅い話のようですが、イベント、という言葉で来場者数・収益量を

競う現今の動きには、こういった根本的な歯車が欠けているよう

に思えます。




ま、どうしようもないことかも知れませんけど。




僕は自分なりに、沿道からの盛り上げを考えてみたいと思います。




(ところで、今年の大祭の情報は?見つかりません。大丈夫?)










やっぱシャンシャン馬は地域代表制にすべきだ
  


Posted by はすのや at 18:15Comments(0)つぶやき