プロフィール
はすのや
はすのや
宮崎市在住。
ショップ店員をしています。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 宮崎情報へ
記事に興味を持って頂けたら
ランキング投票お願いします。 BlogPeople「ニュース・一般/ローカル」ブログランキング
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
QRコード
QRCODE
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
オーナーへメッセージ
 › はすのやにっき7-seven- › 2009年01月

スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2009年01月30日

県庁前楠並木朝市・31回

宮崎県庁前の楠並木通り

「朝市」

が、今回31回です。


僕は、この朝市が始まった時から出店していますが、
なんだかほのぼのとした雰囲気が気に入っています。

仕事の都合で、どうしてもお休みしないといけない回も
ありますが、しっかりやっていこうと思います。


先達の川南トロントロン軽トラ市も、中心地の活性化や
観光客の周遊強化に苦心しているようですが、やはり

楽しいのは朝市(イベント)であって「街」ではない。

というロジックを脱却するために、同様の取組みを行う
全ての地域・団体は必死で知恵を絞るべきでしょう。

もっとも、活性化するべき対象がそこまでの地力や意思
を持たなければ、それまでの話ではありますが。

たまにまちづくりの現場を訪れる大学生諸氏も、そこの
ところは感じ取っているのではないでしょかね。


ま、「やってやるぜ」、です。

第31回
いっちゃが宮崎 楠並木朝市


http://someorikodamas.com/kusunamikiasaiti.shtml

期日 : 2009年2月1日(日) 
時間 : 8:00~12:00
会場 : 宮崎県庁前 楠並木通り
規模 : 60店舗


餅つき・もちの振る舞い 
 1回目・ 8:30~
 2回目・10:30~

豆まき
 1回目・ 9:30~
 2回目・11:30~

ちんどん屋練り歩き
 花ふぶき一座・10:00~

ひょっとこ踊り
 宮崎ひょっとこ踊り笑福会・10:30~

地鶏スープの無料配布
 オカザキ食品提供・9:00~



また、駐車場も完備です!


もちろん!

染織こだま(そめおりこだま)の

宮崎県産天然クスノキ樟脳
http://someorikodamas.com/kusunokisyounou.shtml

もヨロシクお願いします。

宮崎で育ったクスノキを、宮崎で加工し、宮崎でパッケージングする。
中途半端ではない「宮崎県産品」を志向しちょります☆

でも、うちが着物屋ってまだ知られてなかったり・・・。

「衣」の安全を守りたい!
そんな思いで扱っている「天然しょうのう」です。

楠並木通りで、お待ちしています。



皆さんの応援でやる気を出しているところです (>_<)/ タイチョウ!
↓↓↓
地域生活(都道府県)ブログ 宮崎情報
↑↑↑
おもてなしパワー充填中★



  


Posted by はすのや at 17:00Comments(4)宮崎の暮らし

2009年01月29日

吉祥寺経済新聞

吉祥寺経済新聞のヘッドラインニュースに載りました。

来月から西荻窪で開催する
染織こだま「木綿展」について


宮崎から商品を持ち出し都内で展示・販売するのですが、
これを宮崎のPRの場・宮崎観光のお誘いの機会にしたい
とも考えて、色々仕込んでいるところ。

「薩摩絣(都城産)」
「天然クスノキ樟脳(日向産)」

これらは宮崎の地場産品です。

宮崎の持てる商品(モノ)と、
宮崎から発信する、着物が普段着になり得る情報(コト)の
両面から構成するコンセプト展です。

商品ラインナップこそ各地の木綿着物を取り扱っていますが、
宮崎からもファッションの発信が出来るというところ、地方に
おいて生きていくためには必要な思想だと思います。


吉祥寺経済新聞
http://kichijoji.keizai.biz/

各地の「普段着の着物」テーマに展示会-西荻のギャラリーで
http://kichijoji.keizai.biz/headline/633/


宮崎においても、首都圏から価値を認められる仕事は可能。
小さくとも心から喜んでいただけるサービスを追求していきたいです。


皆さんの応援でやる気を出しているところです (>_<)/ タイチョウ!
↓↓↓
地域生活(都道府県)ブログ 宮崎情報
↑↑↑
クリックで活性化します!

  


Posted by はすのや at 10:22Comments(0)自分のこと

2009年01月22日

まず県民独力戦から

ことあるごとに
「県民総力戦」
「県民総力戦が浸透している証左」


と、のたまう東国原英夫宮崎県知事。

この表現、表面化し始めてからずーーっと気に入らないんです。

別にね、

あなたが言い出したから頑張っているわけじゃないし。

個人の努力を「自分の施策の発露」みたいなすり替え発言やめてくれ。


自分のような捻くれ者には、素直に
「そうか、頑張ろう!キラキラ☆」的な思考はムリ。

ムリなんですorz


昨年、うちの店も県外からのお客様が100名近く来ていただきました。
ほんの微力でも、宮崎にいらっしゃる方に増えてもらえればと思っています。

そんなわけで
これを100社でやれば1万人くらいアップ!
(社員1人あたり10名くらい出来るはず。それが企業のパワー)


「宮崎に遊びに来てくださいね」これもずっとずっと積み重ねてきたこと。
少なくとも彼が知事になってから始めたことではありません。

だって
宮崎は年間の観光客数が1200万人くらい。
鹿児島4800万
熊本6200万
長崎2900万
佐賀3000万
大分5500万
福岡9900万



こんなもんですよ。
「観光県 宮崎」

それぞれに調査方法は異なるでしょうから、実際の経済効果とは
イコールでもないと思いますが、それにしても。

総力戦よりも、1人が1人県外の方に「遊びに来てね」と出来れば、
知事効果を軽く上回ります。(あ、彼はそれを総力戦って言うのか・・・)

また宮崎の商店が、他都府県にない品揃えを可能にすれば、
人は来ると思うんです。(うちはそっち系)

個人の力がそれぞれ発揮された時、「人に会う」タイプの観光戦略が
成立するはずなんですよね。
それを体現して見せたのは他ならぬ知事。
まさに最強の独力戦戦力です。

自分磨きが宮崎の浮揚に繋がるという図式のためには、個々人の
認識を変えることが不可欠。

「総力戦」では、イマイチ主役がぼけてしまってダメなんですよ。
帰属意識も要らないとはいいませんが、場を、時を牽引していくのは
結局独りの力だと思います。

県民独力戦。

結果、それの集合体として県民総力戦の形になる、くらいが良いのでは
ないでしょうかね。
県民総力戦の定義や、実行内容も「県民に投げる」ようにここまで来て
ますし(県庁マンが「そりゃあなたがたで考えて」って言ってたし)、黙々
と独力戦を続けますよ。

見える形にして提示しないと、少なくともゴールに近づくスピードは
加速していかないと思います。


「県民一人ひとりが主役」としつつも、現実そうではない。
が、改めてそれを現実のものにする効果を感じます。

だって、みんな頑張ってますよ。日々、生きるために。
そしてそれは多分、知事の言う総力戦とは、別の次元だと思います。


皆さんの応援でやる気を出しているところです (>_<)/ タイチョウ!
↓↓↓
地域生活(都道府県)ブログ 宮崎情報
↑↑↑
クリックしていただけると、小躍りします。


  


Posted by はすのや at 14:14Comments(0)宮崎の暮らし

2009年01月17日

県庁前楠並木朝市(年始編)

宮崎県庁前の楠並木通り

「朝市」

が、今回30回を迎えます!


この朝市の目的といいますのが

・本県の農林水産業の振興
・宮崎の観光魅力の創出
・中心市街地の活性化


なんだそうです。

いずれも一筋縄でいかない大きなテーマですし、出店者が
どこまでそれを背負ってやっている自覚があるかはナゾです。

が、これから先のながいながーい、地元宮崎での「生きる」を
考えた時に自ずとこれらの目的の意味を感じられるでしょう。

ともかく!今年も楠並木朝市!
はっじまっりま~すっ(^ ^)/~~



第30回
いっちゃが宮崎 楠並木朝市


http://someorikodamas.com/kusunamikiasaiti.shtml

期日 : 2009年1月18日(日) 
時間 : 8:00~12:00
会場 : 宮崎県庁前 楠並木通り
規模 : 60店舗


福袋販売 
 各店舗

ちんどん屋練り歩き
 花ふぶき一座

ひょっとこ踊り
 宮崎ひょっとこ踊り笑福会

地鶏スープの無料配布
 オカザキ食品提供

スタンプラリー&大抽選会
 →9:00スタート!


また、駐車場も完備です!


期待したい今回の新規出店は・・・

●牛乳ベース豚汁
 JA尾鈴青年部

●甘藷・焼き芋
 JA串間大束青年部

●酢・こんにゃく
 大山食品株式会社

●パパイヤ茶・センギリ
 パパイヤクリエイト

もちろん!

染織こだま(そめおりこだま)の

宮崎県産天然クスノキ樟脳
http://someorikodamas.com/kusunokisyounou.shtml

もヨロシクお願いします。

宮崎で育ったクスノキを、宮崎で加工し、宮崎でパッケージングする。
中途半端ではない「宮崎県産品」を志向しちょります☆

でも、うちが着物屋ってまだ知られてなかったり・・・。

「衣」の安全を守りたい!
そんな思いで扱っている「天然しょうのう」です。

楠並木通りで、お待ちしています。

皆さんの応援でやる気を出しているところです (>_<)/ タイチョウ!
↓↓↓
地域生活(都道府県)ブログ 宮崎情報


  


Posted by はすのや at 10:27Comments(0)宮崎の暮らし

2009年01月16日

公務員が頑張っている(らしい)

Mf net(宮崎県内行政マン自主研究グループ)
Miyazaki fun! network

http://www.geocities.jp/miyafunnet/

宮崎県内の行政職員による自主勉強・交流会。地域での個々の
取り組みをも重視し、最近では新たな観光施策のモデルケースを
模索しています。

一昨年の秋から本格的に活動を開始した彼らですが、ネットで
追いかけてみても、息遣いというかその生の取組みについては、
非行政職員である僕には今ひとつよく伝わってきませんでした。

今回初めて(かな?)会の外に門戸を開く形で、研修報告会を
開催するとのことで案内が出ていました。

大きく、【民間研修】と【海外研修】の2つに分かれ、その模様と
成果を発表してくれるということです。


一昨年、宮崎県議会議員の海外視察が問題になりました。
昨年は、宮崎市議会議員が海外視察を中止としました。

本当に必要ならば行って学んでその成果を報告し、
活かせばいいという意見も結構目立っていました。

「不明朗な、公費による海外視察」という部分がもっとも問題に
なったのは、今さら言うまでもありません。


行政職員の研修というカタチでは、海外での公務も存在します。

今までわかりやすい形で公開されてこなかった公務の実際を、
自主的に伝えてくれるという行為は、高い関心の元に披見され
るもので実に興味深いです。

明日のご予定がまだ決まってらっしゃらない方は、是非足を
運んでみてはいかがでしょうか?

研修報告会
~Mf net 第13回勉強会~
平成21年1月17日(土)
宮崎市民プラザ4F和室にて
受付 13:30~
報告会 14:00~
懇親会 17:30~


※詳細につきましては下記フライヤー画像でお確かめ下さい。












僕は民間の人間です。
小売業で、店員です。

規模も予算執行能力も全くスケールが違います。
違いすぎます。
だからといって「頑張る公務員」に遅れをとるわけにはいきません。

公務員が、給与や福利厚生面などの「保障」で憧れの職業になる
ことや、それに基づく高い競争倍率を誇るようではいけません。

そういう意味で「税金を元にチャンスを与えられた」彼らに負けない
よう、宮崎でもしっかり生きていけることを証明すべく頑張ります!


皆さんの応援でやる気を出しているところです (>_<)/ タイチョウ!
↓↓↓
地域生活(都道府県)ブログ 宮崎情報


  


Posted by はすのや at 18:18Comments(0)自治

2009年01月09日

1月9日付宮日「窓」欄・その他

目指せ 振袖<ふだん着の着物

今回は、常々思っていることを一部ではありますが、宮崎日日新聞
さんに掲載していただきました☆

詳しくは紙面を見ていただくとよろしいのですが当ブログは、県外の
読者様も多いため、手にとっていただけないのが残念です。

思えば、一昨年くらいから宮日新聞紙面でちょこちょこと着物や和に
まつわる話題が増えているような気がします。

僕は、着物のイベントで日向・都城・日南・宮崎などを回っていますが、
その土地の魅力を「着物」を通じて引き出すという手法を、採り続けて
います。

暮らしの中に着物があって、ホッとできたりする。
或いはお洒落の一部分として、好きなように楽しめる。

そういった視点から見続けています。

決して古風な男のつもりはありませんが、良いものは良いということは
昔のものでも、どんどん積極採用していきたいと思っています。


でもですね、成人式って戦後に出来たものなんですよね。
だから悪いって言うわけではないですが、幾多のその土地ごとに或い
は家ごとにあった成年儀礼(通過儀礼)を消滅せしめたのも、やはり
国という枠組みが設けた成人式だったりするんです。

この辺りは
別ブログ 「はすのやにっき」-成人式と振袖の無関係-
http://ameblo.jp/hasunoya/entry-10055965144.html
こちらで書いていますので、お暇な方はどうぞ。

「成人式に振袖」ってのは、バレンタインデーにチョコレートみたいなも
ので、要するに呉服屋さんや貸衣装屋さんまたは写真館の陰謀です。

あっさり書けば 成人式は呉服屋の陰謀 です

振袖なんて、別に小学生や中学生が着ても何ら不思議も無いもので
すが、売り上げ確保のための道具に堕ちてしまっているのが現状。

着物をある程度着たり、知っていたりする人間は、正装もうまく使い
こなせます。しかし、スタートがいきなり「着せてもらった正装」だと
自ずと失敗も多いものですし、「華やかな装いをした」以上の何物も
残さないのではないでしょうか?


と、そんなこと書いてもしょうがないんで、沢山のお客さんが待ってる
木綿やウールの着物にスポットを当てていきたいと思います。

呉服の産業構造なんかの話は、こちらのブログにはなるべく書きたく
ない(マニアック)ので~、ヨロシク!


宮崎は、気候も穏やかでしち面倒くさい着物のルールにも、比較的
やさしいので着物を楽しみたい方には向いています。
というわけで、自分にとっては極楽のような土地なんですよね。


本日は山形屋「橿原と宮崎の物産展」へ。
奈良の学校に行っていたので、親しみがあるんです。

奈良県
http://www.pref.nara.jp/
橿原市
http://www.city.kashihara.nara.jp/
橿原市観光協会
http://www.welove-kashihara.jp/



皆さんの応援でやる気を出しているところです (>_<)/ タイチョウ!
↓↓↓
地域生活(都道府県)ブログ 宮崎情報










  


Posted by はすのや at 15:17Comments(0)自分のこと

2009年01月07日

たんけんぼくのまち

もう一方のブログは、女装ネタ(笑)になっているので
http://ameblo.jp/hasunoya/
こちらの方でちょっと雑談を。

今夜20:00からNHK教育で
「もう一度見たい教育テレビ“たんけんぼくのまち”」
45分にわたって放送するようです。

同番組といえば、

チョーさんが町から町を巡り、土地の風物に触れ、
まとめにその町の地図を書く

という地誌的な好奇心を刺激してくれる!おもろい番組
だと、小学生ながらに思っていました。

この「面白地図」的な試みというのは、各観光地などで
採用されており、実際に効果をもたらしている例も。

最近の例では、日向の「すこっぷ」の飲食店マップや、
シーニックバックウェイ絡みの油津周辺散策地図、
宮崎大学学生による宮崎駅前の活性化などで見られます。


チョーさんによって作られる地図の妙味もありますが、

「チョーさんになってみる」という行為

これこそ、地元の隠れた宝を発見する大きな方法かもしれません。


「何にもない」と思っているトコロから「何か」を見つけ出すのは、
その土地への愛着とともに、その「関わり方」をも変えます。

僕の場合は「着物を着る」というフィルターを一つ基準にして、
宮崎を歩いてますが、これまた面白い見方が発見されるんです。

季節のものや、見過ごしていた小ネタに気づくのに、
着物でまち歩きは有効な手段ということも述べておきます。

第三眼を持つ これです。


本日は、午後からたらたらとポタリングしていました。
帰って『たんけんぼくのまち』を見るとしましょう。

そこには町づくりのヒントが、あるかもしれませんよ。


皆さんの応援でやる気を出しているところです (>_<)/ タイチョウ!
↓↓↓
地域生活(都道府県)ブログ 宮崎情報

  


Posted by はすのや at 18:07Comments(2)宮崎の暮らし

2009年01月06日

取材・・・

うららかな冬の午後。

「ネットで見たのですが~。」と訪ねてこられた方が。

県外からのお客様か!と思いましたら、宮崎の方とのこと。
ここ最近ネットで見て来店される県内外の方、いずれも増えました。

うちの商品の過半数を占める木綿の着物やウールの着物について、
見て・触れて盛り上がっておられました☆

聞けば、宮崎日日新聞にて毎月第1第3金曜日に折り込まれている
女性向け生活情報誌の記者さんとのことで。

こういった普段遣いの着物や、今の「着て楽しむ着物」という傾向は
新鮮な話題のようでした。
(焼肉・カレー・ラーメンも全く怖くない!木綿の魅力です)

もっとも、木綿の着物を取り扱う店がほとんど無いのと、あっても
プレタの木綿着物にはそれなりの欠点があるので、見つけても思
った通りの性能ではなかったりします。

まして、縫う前の下ごしらえに多大な労力をかける必要がある割に
利幅が小さいので、真面目に取り組む呉服店はほとんどありません。

本格的に取材を!との話で帰社されていきましたが、
さて、どのような形で情報は世に発信されるのでしょうか。


Qunt きゅんと
http://www.the-miyanichi.co.jp/quntto/

きゅんとブログ
http://kinoko.miyachan.cc/


皆さんの応援でやる気を出しているところです (>_<)/ タイチョウ!
↓↓↓
地域生活(都道府県)ブログ 宮崎情報


ヒトコト:木綿着物はですね、宮崎にお客さんを呼べたりしますアップ

  


Posted by はすのや at 17:51Comments(0)自分のこと

2009年01月05日

知事、それはいけませんよ

東国原宮崎県知事が、直近のブログ[感動と努力]にて
県議会議員最若手の武井俊輔議員に触れていました。


2日(金)箱根往路が終わって、一ッ葉まで走って行った。
途中、イオンの交差点で武井県議が辻立ちしていた。
正月から熱心なことである。市長選にでも出るのだろうか?

http://ameblo.jp/higashi-blog/entry-10187547544.html

政治家の去就に関わることを、まして一日に数万の
アクセスをほこる、「ミニ放送局」が書くことはあり得べからざること。


これでは本人にその気が全く無くても、しばらくの間その
去就について周囲が干渉を強めることは容易に想像できます。

国政への転身を明瞭にしないといわれる自身の立場を、その
ことで追求・批判を受け続けている立ち居地の不確かさを、
「ほら、お前も少し味わってみろや。」
ということであれば、軽妙なブログの域を超えた不見識です。

知事が年末年始と走り、鍛え、各地で活動を繰り広げている
ことは、一首長として尊敬にも値する一つの過ごし方です。

が、県議会議員が県内を回り、遊説すること。例えそれが
正月だろうが年の暮れだろうが問題ないのではないでしょうか?

それぞれがそれぞれの方法で、政務活動をすることを冗談めいた
表現で書くことはあってはならないことです。

1度でも書いてしまえば、公の文書としても見られてしまうブログ。
おそらく武井県議には多大な迷惑が掛かったことでしょう。
彼が市長になれば・・・という期待感が一部の市民に無いわけ
ではありませんが、同じ政治家がそれを言っちゃイケマセン。

あなたの冗談は通じないことが多いんです。
知事、あなたは時に緊張感が足りません。




関連サイト

たけい俊輔
http://www.s-takei.jp/

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 宮崎情報へ
いけないことはいけない、いいことはいい。
そんな目で見れば政治は難しくないんです。



  


Posted by はすのや at 11:15Comments(0)自治

2009年01月01日

正月も着物

明けましておめでとうございます。
今年も公私ともども精一杯走ってまいります!


ほぼ1年中着物で生活しているわけですが、
(洋服と取り混ぜながら)

自然とお正月も着物を着ています。

今朝方は「江田神社」、昼を過ぎて「一ツ葉稲荷神社」へ。


着物姿の方、うちの家族以外に20名弱くらいお出ででした。

やはり年齢層が高い男性は、紺色のお対(羽織+長着)。
若い方はグレーとか明るいグリーンなどでお洒落。

子どもさんの着物も増えましたね。

かくいう自分は木綿とモスリンで羽織袴。
相変わらずです。




あとで宮崎神宮に寄って帰宅です。
(現在職場にて某計画の発表準備中)


今年も宮崎に幸あれかし。

新年早々千葉にお金を投げ込んでるんじゃないよ~。



にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 宮崎情報へ

↑2009年も頑張ってまいります!




  


Posted by はすのや at 15:01Comments(0)宮崎の暮らし