プロフィール
はすのや
はすのや
宮崎市在住。
ショップ店員をしています。

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 宮崎情報へ
記事に興味を持って頂けたら
ランキング投票お願いします。 BlogPeople「ニュース・一般/ローカル」ブログランキング
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
QRコード
QRCODE
みやchan インフォ
みやchan ホームに戻る
みやchan facebookページみやchan twitter
オーナーへメッセージ
 › はすのやにっき7-seven- › つぶやき › 暫定継続

2009年04月02日

暫定継続

とりあえず考えながら考えながら、みやchanを続けたいと思います。


さて、僕は大抵年がら年中「着物を着ている」わけです。

まれにですが「余裕のある暮らししているのね」とか、「着物屋さんだ
から着物を着ているのね、納得」と言われることがありますが、その
辺りどちらも【NO】です。

下手すると、ご同業の方にすら「へー、今日も着物ね?」みたいな
感じで言われてしまいます(苦笑)

ここいらが好きで着ているのと、職業柄着ているのとの違いだと思う
のですが何とも言えません。


ただ、この春に首都圏からお引越しして宮崎に来られた方の中には、
宮崎に着物姿が少ないことで早くも落胆された人もいらっしゃるとか。

今、東京では着物姿はそう珍しくもなくなっていますし、ある意味自己
主張のためのキーアイテムになっている感があります。

六本木界隈・東京ミッドタウンを歩くと着物姿なんてもう、かなりの数を
目にすることが出来る状態です。

人口の分母が極めて大きい分、電車で移動したりするうちにすれ違っ
たり目に留めたりする人間の中に「着物の人」が多いという事実も、
周辺域を含めた交流人口の1人あたりで割ればさほどでもないかも
しれませんが、「目にする絶対数が多い」ということはファッションシー
ンにおいては比較にならない影響力を持ちます。


首都圏では発信力の極めて強いショップや個人が、最新のアイテム・
牽引力のある思想で流れを作っていっています。

そしてそれを後押しするように、あらゆる媒体がそれを伝えようとします。

そうした時に、哀しいかな宮崎のような地方では意識の形成に5年ほど
タイムラグが出ている現状を感じています。

人口の多い地域では、はるか10年以上前に現れてきた「着物はお洒落
のアイテム」「高い・難しいものばかりではなく気軽に楽しめる」といった
意識がかなり根付いてきています。

同好の士で集まって楽しむサークル的なものも相当数あるのが、インタ
ーネットを介して窺い知ることが出来ます。


内外需ともに力の小さい宮崎は、そうした動きすら知らないままに時間を
過ごしてきているのではないかと、自分は危惧に似た気持ちでいます。

逆に考えると、全く今まで地元に無かった経済活動の源が存在している
ことになります。

そうした環境に対応できる、宮崎発のビジネスモデルを考えると同時に、
宮崎自体のファッションシーンの変化・オリジナルの環境づくりも構築し
ていく必要を感じます。


世間の学生・生徒は春休み。
県北の某市で入った商業施設に居た中学生くらいの女の子が、目の前
を通る僕の後ろからつぶやいた言葉があります。

「何も、こんな時代に・・・。」

「どんな時代やねん。」と心の中でツッコミを入れながら歩き
去ったのですが、これが【環境】というものの違いなんです。

ちなみに僕は木綿の着物に前掛け、ベストという風体でした。
まあ確かに昔の御用聞きさんのような感じですね。

が、しかし。

彼女らからすれば、おそらく親も、その親も着物を着ている人が居ない。
街の中でも見かけることが無い。
せいぜいテレビの中の衣装くらい?

知識も想像力も、何より経験も少なくては無理からぬこと。

ちなみに「浴衣があるじゃん!彼女らだって浴衣は着るはずよ~」と思わ
れるかもしれませんが、いえいえ彼女らが好んで着用するのはおそらく、

「甚平」です・・・タラーッ

都会のモードを全面的に思慕し、追いかけるわけではありませんが
それと対等に渡り合える衣文化・服飾文化があってもいいと思うのです。

その可能性を考えながら、今日もひた走ります。


そうそう、先に出しましたビジネスモデルですが、やり方考え方次第では
大都市圏に対して販売攻勢をかけることが可能です。

宮崎モード、モノだけではなくコトの面からも発信できるサムシング。

収奪されるばかりの宮崎、観光客数九州最下位の宮崎だということを
考え出してからは、そんなことばかりがいつも頭にあります。

三本柱で満足・納得のいく商売ができていない呉服屋さんがありましたら、
ご自身で一生懸命考えてみられることをオススメします。


まずは自身が取り扱われる商材を愛していらっしゃるかどうか。
もちろん「実用品」として、です。

自分も着ない着物、他人にお勧めするのって不自然でしょう?


皆さんの応援でやる気を出しているところです (>_<)/ タイチョウ!
↓↓↓
地域生活(都道府県)ブログ 宮崎情報
↑↑↑
おもてなしパワー充填中★




にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 宮崎情報へ
同じカテゴリー(つぶやき)の記事画像
はすのやにっき7の経緯
同じカテゴリー(つぶやき)の記事
 みやchan…辞めよカナ (2009-03-12 10:01)
 今後の対応 (2008-11-30 12:02)
 はすのやにっき7の経緯 (2008-11-30 10:37)
 ガッカリ市長と心の拠るマツリ (2008-10-27 18:59)
 宮崎神宮大祭 (2008-10-21 18:15)

この記事へのコメント
そう。東京は着物姿が意外と多いのにびっくりです。(男性はあまり見ませんが)
Posted by いつき at 2009年04月09日 09:43
でしょう?

それを知りながら宮崎にいると、それなりに焦りも
しますが、こちらは未だ泰平の眠りの中です。

およそ5年以上、着物に対する感覚にズレがあります。
Posted by はすのや at 2009年04月09日 11:07
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
暫定継続
    コメント(2)